文字サイズ

    与那国島の陸自配備、町有地を賃貸借契約

     日本最西端の与那国島(沖縄県与那国町)への陸上自衛隊沿岸監視部隊の配備計画で、沖縄防衛局は31日までに、駐屯地となる町有地約21万4000平方メートルについて、町と正式な賃貸借契約を結んだ。4月19日に起工式を行う予定で、小野寺防衛相が出席する方向で調整している。

     計画地には民有地もあり、一部の契約が4月以降にずれ込むが、同防衛局は「工事に影響はない」としている。計画では、2015年度末までに隊員約150人が配備される。

    2014年04月01日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ