<速報> 山口で行方不明だった2歳男児、発見…意識あり
    文字サイズ

    「悲劇繰り返さない」国連事務総長

    • 献花する国連のグテレス事務総長(9日午前10時56分、長崎市の平和公園で)
      献花する国連のグテレス事務総長(9日午前10時56分、長崎市の平和公園で)

     国連事務総長のグテレス氏は、国連トップとして初めて参列した長崎の平和祈念式典で核兵器廃絶を目指す決意を述べた。「長崎を最後の被爆地に」というメッセージも発信し、参列者から大きな拍手が送られた。

     グテレス氏はスピーチで、「広島、長崎の悲劇を繰り返してはならない。一人たりとも新たな被爆者を出してはならない」と訴えた。 

     式典に先立ち、グテレス氏は長崎原爆資料館を訪れ、原爆投下時刻の午前11時2分で止まった時計や、熱線で背中が焼けただれた谷口稜曄さんの写真などを見つめ、被害の悲惨さに表情をこわばらせた。記者会見では「核兵器廃絶は最も重要だ。核兵器禁止条約の採択を全面的に支持し、発効を望んでいる」と強調した。

    (ここまで305文字 / 残り106文字)
    2018年08月10日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    よみうりSPACEラボ