文字サイズ

    介護職員88歳殴り死なす、傷害致死容疑で逮捕…熊本の施設

     介護施設の入所者に暴行を加えて死亡させたとして、熊本県警は10日、同県嘉島町犬渕、グループホーム職員栗崎賢一朗容疑者(49)を傷害致死容疑で逮捕した。調べに対し、容疑を認めているという。

     発表によると、栗崎容疑者は7日午前0時5分頃、勤務する熊本市西区野中3のグループホーム「ゆうしん三丁目」で、入所していた同市の無職宮本ヨツ子さん(88)の腹などを複数回殴り、約2時間後、出血性ショックで死亡させた疑い。

     同日午前0時半頃、栗崎容疑者が「宮本さんの意識がない」と119番。宮本さんは救急隊が到着した際にベッドに横たわっており、心肺停止状態だった。

    (ここまで275文字 / 残り194文字)
    2018年08月10日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    よみうりSPACEラボ