文字サイズ

    生徒を蹴りけが、男性教諭を減給…沖縄県教委が処分

     沖縄県教委は13日、運動会の練習中に生徒を蹴るなどしてけがを負わせたとして、同県宮古島市立中の男性教諭(48)を減給10分の1(2か月)の懲戒処分にした。

     発表によると、男性教諭は6月25日、運動会で行う組み体操の練習中にふざけていた1年の男子生徒を注意する際、後方から左手で顔をたたき、脇腹を2回蹴るなどした。生徒は乳歯が1本取れ、あばら骨にひびが入るなど全治3週間のけがを負ったという。

     教諭は生徒や保護者に謝罪し、治療費を支払った。

    2018年09月14日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ