文字サイズ

    100歳以上6万9785人、48年連続で最多更新

    • 祝福を受け笑顔の田中カ子さん(14日午前、福岡市東区で)
      祝福を受け笑顔の田中カ子さん(14日午前、福岡市東区で)

     「敬老の日」を前に、厚生労働省は14日、100歳以上となる高齢者が今月15日時点で前年比2014人増の6万9785人に上り、48年連続で過去最多を更新したと発表した。100歳以上の高齢者の内訳は、女性が前年比1875人増の6万1454人で、全体の88・1%を占めた。男性は前年比139人増の8331人。

     都道府県別の人口10万人あたりの人数を見ると、島根が最も多い101・02人で、6年連続でトップだった。鹿児島は95・76人で4位、山口も83・66人で6位となり、上位10位までに西日本から9県が入った。

     一方、埼玉は32・90人と、29年連続で最も少なく、次いで愛知の36・78人、千葉の39・34人など人口が多い都市部では人数が少ない傾向があった。

    (ここまで328文字 / 残り668文字)
    2018年09月14日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    よみうりSPACEラボ