文字サイズ

    前鞍手町長1000万円収賄容疑、再逮捕…老人ホーム新設巡り賄賂額自ら提示

    • 徳島真次被告
      徳島真次被告

     福岡県鞍手町発注事業を巡る汚職事件に絡み、県警は10日、特別養護老人ホーム新設を巡って便宜を図る見返りに1000万円を受け取ったとして、福岡市中央区薬院1、前町長の徳島真次被告(59)(加重収賄罪などで起訴)を受託収賄容疑で再逮捕した。徳島被告の逮捕は4回目。「間違いない」と容疑を認めているという。

     発表によると、徳島被告は2013年秋以降、社会福祉法人関係者らから、同町に特別養護老人ホームが新設されるように県へ働きかけ、さらに同町の整備業者選定でも有利な取り計らいをしてほしいとの依頼を受け、見返りとして15年2月5日頃、1000万円を受け取った疑い。贈賄側は、公訴時効(3年)が成立している。徳島被告は、自ら賄賂の金額を「1000万円」と提示したことを認めているという。

     県が14年に行った老人ホーム整備に関する意向調査に対し、徳島被告は「老人ホームが同町に必要」と報告。県は15年2月末に同町周辺での老人ホームの新設を決定した。同町は老人ホームの整備計画を進め、整備業者を公募したが、贈賄側の同法人は応募しなかった。

    (ここまで464文字 / 残り273文字)
    2018年10月10日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    よみうりSPACEラボ