文字サイズ

    紅葉と歴史楽しむ、下関・東行庵でライトアップ

     幕末の志士、高杉晋作の墓所がある山口県下関市吉田の東行庵とうぎょうあんで、紅葉のライトアップが行われている。

     境内の清水山と東行池の周りにはカエデなど計約250本が植えられ、今月下旬にかけて順次、葉が赤く染まっていく。ライトアップは、住民が日没から午後9時頃まで清水山で実施。紅葉の中に高杉の陶像が浮かび上がる=写真=。

     ライトアップは20日までの予定。参拝客には清水山などの維持、管理のため協賛金200円を募っている。

     問い合わせは東行庵(083・284・0211)へ。

    2018年11月08日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ