文字サイズ

    阿久根市長選、元市長の竹原氏出馬表明

     鹿児島県阿久根市長選(12月16日告示、23日投開票)に、元市長で市議の竹原信一氏(59)が7日、立候補する意向を明らかにした。市長選への立候補表明は、現職の西平良将氏(45)に次いで2人目。

     市内で記者会見した竹原氏は「市長や議員が給与を上げ続けるなど公約が守られていない。市の立て直しは私にしかできない」などと述べた。

     竹原氏は同市出身。防衛大卒業後、自衛官などを経て2008年に市長に初当選した。09年に2度の不信任決議で失職し、出直し市長選で再選。10年の解職請求で再び失職し、11年の出直し選、14年の市長選で西平氏に敗れた。

     同市長選の立候補予定者説明会が7日、市役所で開かれ、西平氏と竹原氏の両陣営が出席した。選挙人名簿登録者数は9月1日現在、1万7943人。

    2018年11月08日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ