文字サイズ

    宮崎上空を飛行中、陸自ヘリにレーザー光…昨年10月

     陸上自衛隊西部方面総監部(熊本市)は10日、昨年10月に宮崎県諸塚村上空を飛行していた輸送ヘリコプターが、レーザー光を照射される被害に遭ったと発表した。陸自は重大事故につながりかねない危険行為として、同県警に被害届を提出した。

     発表によると、昨年10月24日午後7時25分頃、訓練を終えて西部方面航空隊高遊原たかゆうばる分屯地(熊本県益城町)に戻る途中だった「CH―47JA」の副操縦士に向けて、進行方向の左下から約1分間にわたって、緑色のレーザー光が照射された。

     ヘリには10人が乗り、副操縦士が操縦。一時的に左目が見えにくくなったため、正操縦士の機長が代わった。副操縦士は、その後の視力検査で異常は確認されなかったが、同総監部は「極めて危険で深刻だ」としている。

     同様のケースでは、2015年に沖縄県内で米軍機、16年に川崎市上空を飛行していた自衛隊機に光線を照射したとして、それぞれ威力業務妨害容疑で男が逮捕されている。

    2019年01月11日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ