文字サイズ

    美術館・博物館

    清張記念館20年の軌跡…全企画展ポスターや研究誌紹介

    • 会場を飾るこれまでの企画展のポスター
      会場を飾るこれまでの企画展のポスター

     北九州市出身の作家、松本清張(1909~92年)のゆかりの品などを紹介する小倉北区の松本清張記念館で、今年8月に迎える開館20周年を記念した展示会が開かれている。3月末まで。

     記念館は清張作品に広く親しんでもらおうと、市が清張の七回忌の1998年8月4日に開設。生涯を振り返る年譜や著作を展示しているほか、書斎や応接室を再現しており、1月末までに延べ約140万人が来館した。

     今回の展示会は「開館20年の軌跡展~終わりなき探求~」と銘打ち、記念館の年表やこれまでに開いた全34の企画展のポスター、記念館が発行した研究誌18冊などを紹介している。

     また、清張原作のドラマに出演したビートたけしさんら著名人16人のメッセージも披露。作家の赤川次郎さんは「一読して、そのすべてが判明してもなお、清張作品は再読に値する魅力を持っている」などと寄せている。

     展示会は観覧無料。常設展示は一般500円、中高生300円、小学生200円。問い合わせは記念館(093・582・2761)へ。

    2018年02月24日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ