文字サイズ

    鉄道・運輸

    上下分離方式転換、福岡知事も否定的…JR日田彦山線

     昨年7月の九州北部豪雨で一部区間が不通となったJR日田彦山線を巡り、福岡県の小川洋知事は7日の定例記者会見で、JR九州が検討している駅舎や線路などの維持管理を自治体側が負担する「上下分離方式」への転換について、「考えていない」と述べ、否定的な見解を示した。

     同社の青柳俊彦社長は、赤字の収支改善策として上下分離方式の導入を目指す考えを明らかにしており、今後、沿線の大分、福岡両県と3市町村、同社でつくる「復旧会議」に同方式を提案する方向だ。

     一方、小川知事は会見で、「日田彦山線はJR九州にとっても広域的なネットワークの一翼を担う路線だ。不通区間だけの収益の議論でよいのか」と強調し、青柳社長をけん制した。6日には、大分県の広瀬勝貞知事も記者会見で、同方式について否定的な考えを示している。

    2018年08月08日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ