文字サイズ

    鉄道・運輸

    新幹線工事現場の見学会、線路や在来線高架化…JR長崎駅

    • 建設中の高架下でJR九州の社員(左)の説明を受ける参加者ら
      建設中の高架下でJR九州の社員(左)の説明を受ける参加者ら

     2022年度に予定されている九州新幹線長崎(西九州)ルートの開業に向けて事業が進む工事現場の見学会が25日、長崎市のJR長崎駅周辺で行われ、家族連れなど70人が参加した。

     同駅周辺では新幹線の駅やトンネルの建設、在来線の高架化などが進められており、工事の進捗しんちょく状況を理解してもらおうと、県と市が見学会を主催した。

     参加者たちは県や市、JR九州、鉄道・運輸機構などの担当者の説明を受けながら、長崎駅西側に整備される広場の予定地、新幹線と新しい在来線の線路の建設現場を見学。高架の施工方法や駅の防災対策などについて質問したり、工事現場を撮影したりした。

    2018年11月26日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ