文字サイズ

    行楽・観光

    高千穂に新ホテル、16日開業…町内最大規模

    • 会見で新しいホテルについて語る峰山社長(右)
      会見で新しいホテルについて語る峰山社長(右)

     宮崎県高千穂町に16日、客室数68室の町内最大規模のホテル「ソレスト高千穂ホテル」がオープンする。町は団体客の取り込みを期待している。

     県内でホテルやゴルフ場などを手がけるミネックス(宮崎市、峰山勝美社長)が運営。鉄骨造り4階建てで、約150人を収容できる。

     町などによると、町を訪れる観光客数は年間約160万人(2015年)で、うち町内に宿泊するのは1割程度にとどまっているという。現在の宿泊施設は31で、収容人数は計1100人。同社は「団体客を受け入れられるホテルが増えることで、町全体の宿泊者数の増加につながってほしい」としている。

     2月27日に同社が開いた記者会見には同町の内倉信吾町長も出席。「町民共々歓迎している。『通過型観光』から『滞在型観光』となることで、経済効果を期待している」と語った。

    2018年03月01日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ