文字サイズ

    行楽・観光

    花博一部の遊具公開、「日本一高い木のブランコ」など

    • 公開された「日本一高い木のブランコ」
      公開された「日本一高い木のブランコ」

     9月に山口きらら博記念公園(山口市)で開幕する「山口ゆめ花博」の会場内に設置される「日本一高い木のブランコ」など一部の遊具が10日、報道陣に公開された。

     この日公開されたのは、有料エリアの「海の外遊びゾーン」内の支柱の高さが30メートルあるブランコや、幅約150メートルにわたって70台のブランコが連なる「日本一長い木のブランコ」など。いずれも海岸沿いに設置され、潮風を感じながら楽しむことができる。

     「山の外遊びゾーン」内では、丸太渡りなど11種類の木製の遊具や、岩を登れる遊び場も整備が進められている。

     監修した山口大教育学部の川崎徳子准教授は「木や岩、緑の肌触りやにおいを、五感を使って楽しんでほしい」と話していた。

    2018年07月11日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ