文字サイズ

    行楽・観光

    クマに氷、猛暑に負けるな…阿蘇カドリー

    • トマトなどが入った氷に集まるツキノワグマ
      トマトなどが入った氷に集まるツキノワグマ

     一年で最も暑いとされる二十四節気の「大暑」の23日、熊本県阿蘇市の観光施設「阿蘇カドリー・ドミニオン」では、ツキノワグマに果物や木の実入りの氷がプレゼントされた。

     連日30度以上の記録的な猛暑が続く中、ツキノワグマの夏バテを防ごうと企画。この日は、飼育員らが氷(約5キロ)を次々に投げ込むと、ツキノワグマが殺到。トマトやブルーベリー、クルミなど好物が入っており、解け出るまでなめたり、頭になでつけたりしていた。

     飼育員の山崎亜季奈さん(35)は「普段の水遊びより気持ちよさそうだった。元気になってもらい、暑さを一緒に乗り切りたい」と話していた。

    2018年07月24日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ