文字サイズ

    行楽・観光

    大イチョウ闇に浮かぶ…小国

    • ライトアップされた下城大イチョウ
      ライトアップされた下城大イチョウ

     熊本県小国町の国指定天然記念物「下城大イチョウ」で夜間のライトアップが行われている。黄色く染まったイチョウの木が暗闇に浮かび上がり、訪れる人の目を楽しませている。

     町によると、大イチョウは樹齢1000年以上とされ、高さ約25メートル、幹回り約10メートル。樹皮をせんじて飲むと、乳の出が良くなったとの言い伝えから、「ちちこぶさん」の名で親しまれている。

     10月下旬から色づき始め、見頃を迎えている。ライトアップは午後6~10時に実施する。12日まで予定しているが、落葉の状況を見て終了を早める可能性もあるという。問い合わせは町情報課(0967・46・2113)へ。

    2018年11月08日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ