文字サイズ

    行楽・観光

    ツルと歴史の出水周遊、バス・タクシー出発式

    • 市職員らに見送られて出発する周遊バスの第1便
      市職員らに見送られて出発する周遊バスの第1便

     師走入りした1日、鹿児島県出水市では、ツルの飛来に合わせて毎年運行される観光周遊バス・タクシーの出発式が行われた。バスは、出水駅を起点に、市ツル博物館クレインパークいずみや市ツル観察センター、市指定文化財の旧竹添邸前などをまわる。来年2月28日までで、1日6便運行する。

     同駅前での出発式には、椎木伸一市長や市観光協会の関係者ら約25人が集まり、第1便の観光客ら約15人を見送った。椎木市長は「出水はツルと歴史のまち。豊かな自然と武家屋敷群を満喫してほしい」と話した。

     主な施設の入場料を含む1日周遊券は中学生以上が1000円、小学生500円、未就学児は無料。タクシーは旭交通(0996・62・1411)または出水タクシー(0996・62・1515)の予約が必要。

    2018年12月02日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ