文字サイズ

    スポーツ総合

    侍ジャパン猛追及ばず、台湾代表と強化試合

     野球の日本代表「侍ジャパン」と台湾代表との強化試合「ENEOS侍ジャパンシリーズ2018」が7日、ヤフオクドームで行われ、日本は5―6で敗れた。日本は投手陣が2本塁打などで6失点と崩れたが、九回に1点差まで追い上げる意地を見せた。侍ジャパンは9日から、日米野球でMLBチームと対戦する。

    ◆甲斐キャノン国際舞台でも

    • 9回2死1塁、盗塁を阻止して笑顔の甲斐
      9回2死1塁、盗塁を阻止して笑顔の甲斐

     侍ジャパンのソフトバンク・甲斐が、国際舞台でもその強肩ぶりを発揮した。試合終盤から守備に就き、九回二死一塁。一塁走者が二盗を仕掛けてきたが、直球を捕球後、間髪入れずに二塁への送球でタッチアウト。「(一塁走者が)台湾の盗塁王というのは知っていた。走ってきてもいい準備はしていた」と甲斐。広島との日本シリーズで6連続で盗塁を阻止し、最高殊勲選手(MVP)に輝いた26歳が、勢いそのままの鉄砲肩で球場を沸かせた。

    2018年11月08日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ