文字サイズ

    福岡ソフトバンクホークス

    タカ武田無残8失点

    • 3回1死2塁、亀井に2ランを浴び、肩を落とす武田
      3回1死2塁、亀井に2ランを浴び、肩を落とす武田

     巨人8―2ソフトバンク(12日・ヤフオクドーム) 8失点と崩れたソフトバンクの武田にとって、二回の投球が悔やまれた。無死から松田、明石の連続失策などで満塁のピンチに。二死までこぎ着け、9番小林に対しても追い込んだが、粘られた後の6球目を左中間にはじき返された。切り替えられないまま、続く坂本勇に適時打を許すと、三回には亀井に2ランを浴び、序盤で大量失点。5月13日を最後に白星から遠ざかっており、「申し訳ない。次にチャンスがあれば、(投球を)突き詰めてやりたい」とうなだれた。

    2018年06月13日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ