文字サイズ

    福岡ソフトバンクホークス

    デスパら3選手キューバへ帰国

    • 福岡空港から帰国の途についた(左から)デスパイネ、グラシアル、モイネロ
      福岡空港から帰国の途についた(左から)デスパイネ、グラシアル、モイネロ

     ソフトバンクのデスパイネ、グラシアル、モイネロのキューバ出身3選手が6日、福岡空港から帰国の途に就いた。

     デスパイネは、移籍後2年連続で日本一を達成した今季を「素晴らしいシーズンだった」と満足げに振り返った。ただ、右膝痛などの影響で、打率2割3分8厘、29本塁打、74打点はいずれも昨季を下回り、「普通にやっていれば40本塁打はいけた」と悔しげな表情も。来季まで契約が残っており、「元気な姿で日本に戻ってきたい」と誓った。

     来日1年目のグラシアルは、主に後半戦で故障離脱した主力の穴を埋め、54試合で9本塁打。「契約していただけることを信じて(来季へ向け)準備したい」と語った。49試合に登板した中継ぎ左腕のモイネロは「体を強くして、失点を減らしたい」と誓った。

    2018年11月07日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ