文字サイズ

    福岡ソフトバンクホークス

    タカ千賀1Kで1万円寄付、児童虐待防止支援

     ソフトバンクは5日、千賀が来季から、自身の成績に応じて児童虐待防止活動の支援に取り組むと発表した。1奪三振につき1万円をNPO法人「児童虐待防止全国ネットワーク」(東京)に寄付する。

     同法人は、子どもの虐待防止の象徴として「オレンジリボン」のマークを使った啓発活動を行っている。この日、ヤフオクドームで取材に応じた千賀は、2児の父として、3月に東京都目黒区で起きた5歳女児の虐待死事件などのニュースを見る度に心を痛めていたことを明かし、「自分ができることを何かやりたいと思った」と語った。

     150キロ超の速球と鋭いフォークボールを武器とする千賀は、奪三振に強いこだわりを持つ。今季はレギュラーシーズンとポストシーズンで計186三振を奪っており、来季は「200三振を取れるようにしたい」と目標を挙げた。

    2018年12月06日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    よみうりSPACEラボ