多才、勤勉 モード界の帝王…カール・ラガーフェルドさんを悼む

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

各界から声

 フランスを代表するブランド「シャネル」や数々の高級ブランドで活躍したファッションデザイナー、カール・ラガーフェルドさんが19日にパリで死去した。「モード界の帝王」と呼ばれた彼を悼む声が各界から寄せられている。

 

プラカードを掲げてデモ行進するユニークな演出で披露したシャネルの2015年春夏コレクション。フィナーレに登場したラガーフェルドさん=松田賢一撮影
プラカードを掲げてデモ行進するユニークな演出で披露したシャネルの2015年春夏コレクション。フィナーレに登場したラガーフェルドさん=松田賢一撮影
東日本大震災後に来日した時には、自ら描いたシャネルの絵を掲げた(2012年3月、東京で)
東日本大震災後に来日した時には、自ら描いたシャネルの絵を掲げた(2012年3月、東京で)
LVMH賞の審査会場でファセッタズムのデザイナー落合宏理さんと話すラガーフェルドさん(2016年3月、パリで)
LVMH賞の審査会場でファセッタズムのデザイナー落合宏理さんと話すラガーフェルドさん(2016年3月、パリで)

 ラガーフェルドさんは、ドイツ生まれ。1950年代からピエール・バルマンやジャン・パトゥでキャリアを積み、65年からフェンディ、83年からシャネルのデザインを長く手掛けてきた。クロエでも働いた経験がある。自身の名前を冠したブランドも展開し、H&Mなどとも協業した。

 70年代から親交があったデザイナーの高田賢三さんは「才能が満ちあふれ、無限のインスピレーション・創造性を持ち合わせていた偉大なデザイナー」とコメントを寄せた。数か国語を自在に操る教養人で、扇子を持ち歩き、日本食を愛する親日家だったという。先見の明があり、寛大で常に助けてくれたといい、「僕が今までに知り得た中で、とても敬愛、尊敬する、勤勉なデザイナー」としのんだ。

 フェンディ会長兼最高経営責任者(CEO)のセルジュ・ブランシュウィッグさんは、ショーが終わるといつも「さあ、次が始まるぞ!」と言っていたというエピソードを披露。「尽きることのないインスピレーションの泉を残してくれた」とコメントを出した。

 画像共有サービス「インスタグラム」では、交流の広さを物語るように、様々な人がメッセージを書き込んでいる。

 ラルフ・ローレンさんは「歴史からポップカルチャーまで幅広い好奇心が着想源となった創造性豊かなコレクションは、ファッションを超え、世界に影響を与えた」。マーク・ジェイコブスさんは、駆けだしの時に励まされたと書き、「彼の言葉にどんなに支えられたことか。創造的な天才であり、尊敬する人物を失った」。ラガーフェルドさんは、若手デザイナーの支援にも熱心で、新しい才能を発掘する「LVMH賞」の審査員も務めていた。

 シャネルのショーに出演していたモデルの冨永愛さんは「極上の夢を見させてくれてありがとう」。彼の監督するショートムービーに出演したモデルで女優のTAOさんは「たくさんのドアを開けてくれてありがとう。あなたの作品の一部になれたことを光栄に思う」と書き込んだ。

 

[評伝]「世界観打ち出す」先駆け

ラガーフェルドさんには、「帝王」という枕詞まくらことばがついてきた。これほど長く多彩に活躍し、注目を集め続けた人はいないからだろう。

 常に複数のブランドで仕事をしながら、それぞれの特色を打ち出す才能があった。シャネルでは、スーツやキルティングのバッグなど、創業者のガブリエル・シャネルが残した数々のスタイルを再解釈して、現代的なシャネルの世界を構築。熱狂的なファンをさす「シャネラー」という言葉が日本で生まれるほど、世界的な人気ブランドにした。

 ショーの招待状の絵を自ら描き、イメージ写真も撮るなど、服のみならず、世界観を総合的に打ち出すブランド戦略の先駆者だった。

 トレードマークは、白髪をまとめたポニーテールに黒のスーツ。「ディオール・オムの細身の服を着たい」と40キロ超も減量するなど、話題にも事欠かなかった。

 2012年にシャネルのイベントで来日した際にインタビューしたが、「東日本大震災という大変な出来事があったから、日本に少しでも夢のある雰囲気を持ってきたかった。私たちも応援しているというメッセージを込めた」と熱く語った。東京で開催したショーは「パリより良い出来だった」と笑顔を見せた。

 昨年10月のパリコレクションでは、体が弱っていたのかアトリエの責任者のヴィルジニー・ヴィアールさんが寄り添っていたのが印象的だった。シャネルは、彼女に後任を託すと発表した。(編集委員 宮智泉)

453785 1 ライフ 2019/02/21 05:00:00 2019/02/21 05:00:00 2019/02/21 05:00:00 モデルらが反戦や女性を応援するメッセージを書いたプラカードを掲げてデモ行進するユニークな演出で披露したシャネルの2015年春夏コレクション。フィナーレに登場したラガーフェルドさん=松田賢一撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190220-OYT8I50072-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ