水没家屋の片付け、気をつける点は?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 台風19号の記録的な大雨で河川の氾濫などに見舞われた被災地では、水や泥が流れ込んだ家屋の後片付けが進められている。被災した住民や現地入りするボランティアは、どのような点に気をつければいいのか、専門家に聞いた。 (吉田尚大、斉藤保)

泥水が流れ込んだ家の後片付けをする人たち(15日、福島県本宮市で)=菅野靖撮影
泥水が流れ込んだ家の後片付けをする人たち(15日、福島県本宮市で)=菅野靖撮影

 ■ケガで感染症の恐れ

 被災した家屋には、露出したクギや折れた木材など危険なものが多い。危機管理教育研究所(東京)代表の国崎信江さんは、「長袖シャツと長ズボン、長靴を着用し、頭は帽子をかぶったりタオルを巻いたりするなど、なるべく肌を露出しない方がいい」とアドバイスする。

 ケガをすると、むき出しになった傷口から感染症にかかる恐れがあるためだ。また、汚泥が乾いた土ぼこりは皮膚炎の原因になるため、肌を守ることにもつながる。ほこりを吸い込まないようにマスクを着けることも必要だ。

 大切なのは「洗浄と乾燥」。家に入り込んだ水や泥はホースで水道水をかけて洗い流す。十分に汚れを取り除いたら、床などの水分を拭き取り、しっかり乾燥させてから消毒液で消毒する。「タオルやぞうきんは意外に吸水性が低く、何枚あっても足りなくなる。ホームセンターなどで売っている業務用のスポンジが便利」と国崎さんはすすめる。

 ■水没家電は使わない

 被災地では、電気製品が水に漬かった家も多い。家電メーカーなどで作る一般社団法人日本電機工業会(東京)は、「ショートする恐れがあるので、水に漬かった電気製品は使わないで」と呼びかける。水洗いしたり乾燥させたりして、見た目は異常がなくても、内部の部品が壊れていることがあるためだ。

 エアコンも、本体や室外機が水に漬かった場合は使用を控えたほうがいい。日本電機工業会の担当者は「購入した店やメーカーに問い合わせてほしい」と話す。

 ■業者点検 必要な例も

 床下の水や泥を取り除いても、しっかり乾くまでは1~2週間かかることが多い。乾いたら専用の消毒液を噴霧して消毒する。

 水に漬かった壁の中は密閉されているため、洗った後も内部の水気や湿気はなかなか抜けず、カビが生えたり腐ったりする場合がある。壁の中を通っている電線が浸水したり損傷したりして、電気が復旧した時にショートする恐れがある。工務店などに点検してもらったほうがいい。

 「家屋に変わったところが見えなくても、専門業者に調べてもらった方がいい箇所も多い」と話すのは、不動産コンサルティング会社「さくら事務所」(東京)のホームインスペクター(住宅診断士)川野武士さん。特に、床下一面がコンクリートで覆われた「ベタ基礎」でなく、土が露出している「布基礎」の場合、床下の土がぬかるんで、基礎がずれたり、ゆがんだりしている可能性がある。構造に詳しい業者に調べてもらうと安心だ。

 ■保険会社に確認を

 被災して火災保険金を初めて請求する人も多いだろう。一般社団法人日本損害保険協会(東京)の担当者は、「まずは契約している保険会社に電話で被災した状況を伝え、請求手続きなどを確認してください」と話す。

 自宅が災害救助法が適用された地域にあり、契約している保険会社が分からない場合は、同協会の「自然災害等損保契約照会センター」(0120・501331、土日と祝日、年末年始を除く午前9時15分~午後5時)に問い合わせると、2週間ほどで契約先の保険会社から連絡が入る。

 建物全体や損壊箇所は、修理や片付けの前に、様々な角度から撮影しよう。浸水した高さによって保険金が出るかどうか変わることもある。浸水した高さが分かる写真を撮っておく。スマートフォンでもよい。

 災害時には「保険金で修理できる」「保険金請求を代行する」などと勧誘する業者が出てくる。しかし保険金が支払われるか、支払われても保険金に修理費が収まるかどうかは分からないので気を付けたい。

 ◇家屋の後片付けの注意点◇

・長袖シャツ、長ズボン、長靴、帽子、マスクを着用

・水や泥は水道水で洗い流し、乾燥させてから消毒

・床下の土がぬかるみ、基礎がずれたりゆがんだりしている場合に注意

・水に漬かった電気製品は使わない。室外機が漬かったエアコンも

・保険金請求に備え、建物や損壊箇所を撮影しておく

無断転載禁止
850291 0 ライフ 2019/10/18 12:42:00 2019/10/18 14:19:37 2019/10/18 14:19:37 泥水が流れ込んだ家の後片付けをする人たち(15日午前9時34分、福島県本宮市で)=菅野靖撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191017-OYT8I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ