ミラノコレクション、会期を1日早めて打ち切り…新型コロナ拡大

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ミラノ=野倉早奈恵】新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、イタリアファッション協会は23日夜、2020~21年秋冬ミラノコレクション最終日の24日に予定していたショーを全て中止すると発表した。18日に開幕した同コレクションは会期を1日早めて打ち切られる。

 同協会のインスタグラムによると、イタリアの保健省などの意向に従ったという。24日にショーを開催予定だった日本ブランド「アツシナカシマ」の広報担当者は「協会から、国の指示でイベントを開けなくなったという連絡があった。残念だ」としている。

 ミラノ市があるイタリア北部では新型コロナウイルスの感染者が急増。22日には感染による2人目の死者が確認され、ショー会場でもマスク姿の来場者が目につき始めていた。イタリアを代表するデザイナー、ジョルジオ・アルマーニさんのブランド「ジョルジオ・アルマーニ」も23日、ブランド独自の判断で、同日のショーを無観客で行い、ネットでショーの様子を中継した。

無断転載禁止
1069100 0 ライフ 2020/02/24 16:06:00 2020/03/10 12:42:22 2020/03/10 12:42:22

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ