読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「空気清浄機に漂白剤入れないで」やけど、失明のおそれ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス対策として「漂白剤などを加湿機能付きの空気清浄機や加湿器に入れると空気を除菌できる」とする誤った情報が広まっている。やけどや失明のおそれがあることから、独立行政法人・製品評価技術基盤機構(NITE)が実行しないよう呼びかけている。

 NITEによると、塩素系漂白剤などに使われている次亜塩素酸ナトリウムを含んだ蒸気が人体に付着したり、呼吸器官に入り込んだりすると、やけどや失明、呼吸器疾患などの重篤な健康被害を引き起こす危険があるという。

 韓国では過去に、殺菌剤として販売されていた製品を加湿器に入れて噴霧したことによる死亡事故が発生。担当者は「空気清浄機や加湿器は取扱説明書に記されている使用方法をよく守り、説明書にない液体や薬剤は絶対に使用しないでほしい」と話している。

 また、燃料用アルコールの「メタノール」で消毒を試みようとする事例もあることから注意喚起している。似た名称の「エタノール」のようにアルコール消毒に用いることはできず、目の網膜に作用すると失明することもあるとしている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1227309 0 ライフ 2020/05/19 05:00:00 2020/05/20 12:01:22 2020/05/20 12:01:22

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)