[防災ニッポン]台風の飛来物に注意、備えはどうする?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 本格的な台風シーズンとなった。週末から週明けにかけて台風10号が強い勢力を保って九州などに接近、上陸する恐れもある。強風による飛来物で窓ガラスが割れて飛散するといった被害を軽減するため、備えを確認したい。

屋外の物 片付け 窓ガラスの補強

昨年の台風19号で、窓に板を打ち付ける住民ら(昨年10月11日、千葉県内で)=上甲鉄撮影
昨年の台風19号で、窓に板を打ち付ける住民ら(昨年10月11日、千葉県内で)=上甲鉄撮影

 まず、庭やベランダなど屋外に置いている自転車やプランター、物干しざおなどを事前に片付けておくことが大切だ。防災アドバイザーの高荷智也さんは、「ガラスが割れるのは強風の風圧が原因といいうより、風で飛んできた物が当たったケースが多い。近隣の住宅にも被害が及ばないように、飛ばされやすい物の点検を」と指摘する。家屋や物置などに一時的に収納するか、難しい場合はブルーシートなどに包んで縛り、柱などに縄で巻き付けておく方法もある。

 窓ガラスが割れ、室内に飛び散ると、踏んでけがをしたり、避難が遅れたりする危険性がある。雨戸やシャッターを閉めておけば、窓が割れる心配はほとんどない。

 雨戸などがなければ、ホームセンターなどで購入できる飛散防止フィルムを窓の内側に貼っておく方法がある。高荷さんは「あらかじめ窓の大きさに合わせてカットしたフィルムを購入できるインターネット通販もある。時間的な余裕がある場合は、利用を検討してもいい」と助言する。飛散防止のため、養生テープなどを「×」の形になるように貼るだけでは、貼っていない部分に物が当たると飛び散る可能性が高く、効果的ではないという。

 停電や断水などが発生する恐れもある。飲料水や食料品、モバイルバッテリーなどを備蓄しておくことも必要だ。

 自宅周辺のハザードマップを確認し、浸水や土砂崩れなどの被害が見込まれる場合は、避難勧告などを待たず、日中の明るいうちに避難することも大切だ。ただ、避難をためらう人も多い。

 「避難の際は、近所の人に声かけをする共助も大事」と広島大教授(社会心理学)の坂田桐子さんは指摘する。「私は避難します」「近所の人も皆、避難します」といった言葉を使うと、相手は危機感を持ちやすい。避難行動をイメージしやすいよう、避難所へのルートなどの具体的な情報を伝えることも効果的だという。坂田さんは「早めに声かけすることが大事です」と話す。

無断転載・複製を禁じます
1452958 0 ライフ 2020/09/04 05:00:00 2020/09/04 19:32:20 2020/09/04 19:32:20 台風19号に備え、窓に板を打ち付ける住民ら。千葉県鋸南町で。2019年10月11日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200903-OYT8I50080-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ