ダイエットしたい…「効果」うたう健康食品ちょっと待って、腹痛・発疹・解約できないトラブル続発

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ダイエットなどへの効果をうたう健康食品で腹痛や発疹などの健康被害が相次いでいる。国は事業者に対し、特定の成分を含む場合の表示を義務付けるなど規制を強めているが、被害の相談は後を絶たない。コロナ禍でのダイエットに関心が強まる中、どう健康食品と付き合えばいいのだろうか。(加藤亮)

「ダイエットサプリ」で腹痛…定期購入で解約もできない

 九州地方の50歳代男性は、インターネットでダイエットサプリメントを購入して飲んだところ、腹痛が出て使用をやめた。ところが定期購入になっており、商品の返品を申し出ても受け入れられない。北日本の30歳代女性は、ダイエットコーヒーを飲んで発疹が出た。解約しようにも電話がつながらなかったという。

 全国の消費生活センターなどには、こんな相談が次々と寄せられている。2019年度は3926件の健康被害に関する相談があり、18年度の2倍超だった。20年度も9月末で2230件と、前年同期比で1025件増加している。コロナ禍による体重増加を気にしてダイエット目的で摂取する人も多いとみられ、相談はさらに増えそうだ。

販売会社に景品表示法に基づく賠償命令も

 消費者庁は20年3月、商品に含まれる成分の作用で体質改善され、簡単に痩せるかのように表示していたダイエットサプリ「ケトジェンヌ」の販売会社(東京)に対し、景品表示法に基づく措置命令を出した。表示内容について合理的な根拠となる資料は示されなかった。摂取後に下痢を訴えるなどの健康被害も報告され、同庁が注意喚起して監視を強めている。

 健康食品には法律上の定義はなく、健康づくりに役立つとして販売される商品全般を言う。健康増進への効果が期待できる成分が含まれる場合は、国に届け出たり、許可を得たりして、保健機能食品として販売できる。

ダイエットや豊胸サプリでは4成分を特に注意!

 健康食品を巡っては、痩せる効果や豊胸効果をうたうサプリに含まれる「コレウス・フォルスコリー」「プエラリア・ミリフィカ」など4成分が「特別の注意を必要とする成分等」と厚生労働省に指定されている。国内外で健康被害が報告されており、この成分を含む商品は「指定成分等含有食品」の表示が20年6月に義務付けられた。ただ、成分と健康被害の因果関係がはっきりとしない部分もあり、表示があれば販売は可能だ。

 同庁の担当者は「コロナ太りが意識され、サプリを求める人が増えているのではないか。消費者を欺くような表示には対処する。消費者も医薬品ではないことを理解してほしい」と話す。同庁は健康食品にまつわる疑問に答えるホームページも公開している。

残り:495文字/全文:1589文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「ライフ」の最新記事一覧
1910524 0 ライフ 2021/03/15 08:30:00 2021/03/15 12:02:41 2021/03/15 12:02:41 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210301-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)