読売新聞オンライン

メニュー

[安心の設計 わたしのビタミン]本当に死にたい人いない

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

東尋坊で自殺予防の声かけを続けるNPO法人代表 茂幸雄 さん 77

 しげ・ゆきお 1944年、福井市生まれ。2004年に福井県警を退職後、NPO法人「心に響く文集・編集局」を設立。今年3月には、自殺を思いとどまった人たちの声かけ前の様子を収めた「『蘇』よみがえる 写真集」を発行した。 
 しげ・ゆきお 1944年、福井市生まれ。2004年に福井県警を退職後、NPO法人「心に響く文集・編集局」を設立。今年3月には、自殺を思いとどまった人たちの声かけ前の様子を収めた「『蘇』よみがえる 写真集」を発行した。 

 福井県の東尋坊で自殺防止の活動をしています。NPO法人のメンバー12人が、水曜日を除く毎日、午前11時頃から日没まで岩場をパトロールし、悩みを抱えていそうな人を見かけると声をかけます。

 2004年に活動を始めてから、自殺を思いとどまらせた人は700人を超えました。「死にたくない」「助けてほしい」。そんな声を聞き続けてきた今では、この活動は人命救助の活動なのだという思いを強くしています。

 警察官としての最後の1年間、管内に東尋坊がある三国署(現・坂井西署)の副署長を務めました。

 自殺の多い場所だとは聞いていましたが、1年で20人から30人ほどが亡くなっていた事実にショックを受けました。少しでも自殺を減らそうと、早朝と勤務終了後に見回りを始めました。

 03年9月3日の午後6時頃、見回りをしていると、東京から来たという男女2人に会いました。警察で保護し、自殺を思いとどまらせて地元の役所に引き継ぎました。

 しかし数日後、新潟県で2人が自殺したという連絡を受け、私宛てに遺書が届きました。役所では少ない交通費を渡されただけ。そのお金で次の役所まで行き、また交通費を渡されてと、3日間野宿を続けて移動したことが書かれていました。

 助けることができなかった――。その自責の念から、NPO法人をつくることにしました。定年後に再就職する道もあり、妻からも反対されましたが、自分しかやる人はいないという思いで、活動を始めました。

 東尋坊で自殺する人は、今では1年で10人前後となりました。しかし、コロナ禍で全国的に自殺者数が増えています。5月には3人の女性を保護しました。

 自殺が増えることを懸念して、昨年7月からは電話やメールでの相談を受け付け始めました。「仕事がなくなり、退職に追い込まれた」「友達とうまく関われない」といった相談が、毎月30件ほど寄せられています。

 大切なのは、その人の悩みの原因を取り除かないと、問題は解決しないということ。悩みが残ったままだと、再び自殺を考えてしまいます。そのため、悩みを打ち明けてくれた人の家や会社に行って、問題を解決したこともあります。

 「自殺防止」というとハードルが高そうですが、ちょっと声をかけるだけで元気になります。どのように声をかけたらいいのか、養成講座のようなものを開いて伝えていきたいですね。

 本当に死にたい人はいません。みんな声をかけてほしいと願っています。岩場で待っている人がいるという思いで、これからも見回りを続けていきます。(聞き手・本田克樹)

無断転載・複製を禁じます
2143626 0 ライフ 2021/06/22 05:00:00 2021/07/06 12:30:53 2021/07/06 12:30:53 茂幸雄さん(福井県の東尋坊で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210621-OYT8I50080-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)