五輪公式ウェア 晴れ舞台

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪では、各国選手団が着用する公式ウェアやユニホームにも注目したい。ファッションブランドやデザイナーにとっても五輪は晴れの舞台。機能的で洗練されたデザインには、選手への熱いエールも込められている。(福島憲佑、山村翠)

式典服について説明する本田さん(横浜市内で)=秋元和夫撮影
式典服について説明する本田さん(横浜市内で)=秋元和夫撮影
伝統の赤と白を基調にした開会式服
伝統の赤と白を基調にした開会式服

AOKI…伝統の赤と白 金願うボタン

 日本選手団が着用する公式服装は今回初めて五輪、パラリンピックともに同じデザインとなった。「共生社会の象徴」という意味が込められている。公募で選ばれた紳士服大手の「AOKI」(横浜市)が、入場行進で着用する「開会式服」と、結団式などで使用されブレザーとネクタイが必須の「式典服」を作った。

 「ニッポンを まと う」をコンセプトに掲げ、生地も縫製も全て国内で仕上げた。執行役員で商品戦略企画室の本田茂喜さんは、公式服装の製作について「独特の使命感と緊張感、AOKIにとっての大きな挑戦がある」とする。

 開会式服は、白いジャケットに赤いパンツやキュロット。上が赤、下が白だった1964年の東京五輪の公式服装と上下の色を逆にし、伝統の「赤と白」を継承した。ジャケットには、日本伝統の文様で縁起の良い柄とされる「工字 つな ぎ」が施され、ボタンにはメダルへ願いを込めて金色で「JAPAN」などの文字が刻まれた=写真=。式典服は、光沢のある紺のジャケットに白のパンツとキュロット。赤を基調にしたネクタイとスカーフには和柄があしらわれている。

 本田さんは「日本代表選手団が輝いて活躍していただけるようベストを尽くして応援します」としている。

海外選手団は…

米国…ラルフ・ローレン スウェーデン…ユニクロ

 海外でも、国を代表するブランドやデザイナーが起用されるケースが目立つ。

 米国選手団の服を担当したのはラルフ・ローレンだ。開会式用はクラシックな装いを基調としたネイビーのブレザーとデニムパンツ=写真上=。イタリアは、ジョルジオ・アルマーニさんが表彰式の服=同中=などをデザインした。国旗の色を配した意匠が特徴だ。フランスは、ラコステが表彰式や選手村などで着る服を手がけた。

 一方、スウェーデン選手団が表彰式に着る服=同下=などを製作したのは日本のユニクロだ。五輪委員会CEOのピーター・レイネボさんは「機能と快適さを追求したユニクロの服を着て選手たちが最高のパフォーマンスをしてくれると確信している」とコメントしている。

ネットで熱気共有

 今回の東京五輪は、自宅でテレビ観戦する人が多いだろう。ネットサービスなどを活用すれば離れた人とも一緒に声援を送れる。

 例えば、テレビ観戦しながら電話したり、スマホのチャットでメッセージを送り合ったりすれば一緒に盛り上がれる。

 ネットの「リアルタイム検索」を使えば、不特定多数の人と試合の興奮を共有できる。ヤフーが提供するサービスで、ログインしなくても、ツイッターに書き込まれた内容をすぐに把握できる。同じ競技を観戦中の人による「いけいけ!」「ここで決めろ」などの書き込みをリアルタイムで読める。

 テレビ観戦する社員向けに、五輪応援特設サイトを設けた会社もある。ウェブシステム開発を行う「アジャイルウェア」(大阪)で、社員同士がサイト上でメッセージをやりとりしながら応援できるようにした。「現在は全社員がテレワーク中。五輪の応援で社員同士が一体感を持ってもらえたら」と担当者は話す。

スクラップは会員限定です

使い方
「ライフ」の最新記事一覧
2225386 0 ライフ 2021/07/22 05:00:00 2021/09/06 11:06:25 2021/09/06 11:06:25 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210721-OYT8I50094-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)