読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

もしかして私も「繊細さん」?…ロンブーも公表したHSP

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)」という言葉を、最近よく耳にする。視覚や聴覚などが極端に敏感だったり人の気持ちを察しすぎたりして、ストレスを感じやすい性質の人を指す。「繊細さん」などとも呼ばれる。お笑いタレントがHSPだと公表するなどして関心を集めている。(野口季瑛)

Highly Sensitive Person「概念」知り 気が楽に/「自分の良さでもある」

 東京都の学童職員の女性(51)は聴覚が敏感だ。就寝中、エアコンの室外機の音で目が覚めることもあり、耳栓を使っている。仕事の会議中、同僚がボールペンをカチカチと鳴らすと集中しづらい。テレビで凶悪事件や大災害のニュースを見ると、自分のことのように感じて寝込んでしまうこともあったという。

 2019年末頃、HSPのことを知り、「自分もそうなのではないか」と思うようになった。昨秋からHSPについて学ぶオンライン講座などに参加し、周囲の環境や他人に左右されすぎない考え方を学んでいる。「自分の性質や行動を受け止めることができて気が楽になった。繊細さは自分の良さでもあると感じるようになった」と話す。

 HSPはアメリカの心理学者が1996年に提唱した概念だ。〈1〉外部の刺激に敏感で、影響を強く受けやすい〈2〉他人が気付かないささいなことにも気付く〈3〉感情が豊かで、特に共感力が高い〈4〉物事を丁寧に深く考える――の四つの特徴がある。臨床心理士などによってチェックリストを基に判断され、カウンセリングを通してストレスにならない対処法や物事の捉え方を身につけることもできる。

「ロンブー」田村淳さんの公表で

 日本では、特性を紹介する書籍の発売などをきっかけに、3年ほど前から知られるように。お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんが昨年、HSPだと公表したほか、テーマにした映画も公開され、話題となっている。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2435787 0 ライフ 2021/10/12 05:00:00 2021/10/12 18:37:24 2021/10/12 18:37:24 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211011-OYT8I50096-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)