大盛りご飯かき込むトラック運転手「ここで気合を入れるんです」…遠来の常連にスタミナご飯

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

青森県三戸町「豊誠園食堂」

 青森県 三戸町(さんのへまち) の国道4号の山あいにぽつんと、ドライブイン「豊誠園食堂」がある。湯気が立つ 厨房(ちゅうぼう) から、店を切り盛りする豊川きぬさん(78)の穏やかな声が届く。

注文されたみそラーメンを運ぶきぬさん。元気の理由は「うちの店の料理を食べること。栄養たっぷりで、病気ひとつしていないよ」=三浦邦彦撮影
注文されたみそラーメンを運ぶきぬさん。元気の理由は「うちの店の料理を食べること。栄養たっぷりで、病気ひとつしていないよ」=三浦邦彦撮影

 「ご飯おかわりは?」。作業着姿の男性5人組が、ご飯を食べ切る直前の絶妙な頃合い。思わず全員が茶わんを差し出した。特製のニンニク入り豚汁は丼いっぱいに注がれていて、野菜の甘みが際立つ。

 男性たちが平らげる間に、きぬさんが小上がりで仕込みを始めると、世間話に花が咲いた。「これはすいとん。青森では『ひっつみ』って呼ぶんだ」ときぬさん。「去年、店内に野生のクマが入ってきた。うちはクマも食べに来るくらいおいしいんだよ」。おちゃめな冗談に、皆が笑った。

国道4号沿いにある豊誠園食堂
国道4号沿いにある豊誠園食堂
清潔感のある店内
清潔感のある店内

 男性たちは、近くの鉄工所に、埼玉からやってきたという。「こういうおふくろさんの店は、チェーン店とは違うあったかさがあるね」。翌日のすいとん定食5人分を予約した。こうして日々、緩やかな縁が生まれている。

 1967年創業。元々リンゴ直売所だったが、義母が食堂を始め、約40年前にきぬさんが引き継いだ。「おらはやれね、って言ったんだけども。ばあちゃんが『やれる』って言うから」

 かつて、店の前の国道は十和田湖へ向かう観光バスがたくさん走っていた。高速道路の開通で交通量は減り、周辺の食堂もほぼ姿を消した。今は、客の多くが運転手や力仕事の作業員だ。「一生懸命働くお客さんのため、栄養のあるものを食べさせないと」。こつこつと、店を守り続ける。

 早朝から働く人のために、午前6時ごろに店を開ける。閉店は午後9時過ぎだ。合間に畑仕事をし、そばを打つ。「遠くから食べに来てくれる人たちのことを思ったら、休むわけにいかない」と、定休日もない。

きぬさんの畑で収穫されたニンニク。豚汁に欠かせない
きぬさんの畑で収穫されたニンニク。豚汁に欠かせない

 自分で育てた野菜を使い、おかわりを積極的に勧める。家族のような付き合いが生まれ、九州の運転手がカステラのお土産を持って訪れ、お返しに自家製リンゴジュースを持たせたことも。

1

2

食堂のおばあちゃん特集コーナー
スクラップは会員限定です

使い方
「ライフ」の最新記事一覧
2960792 0 ライフ 2022/04/29 10:00:00 2022/06/03 09:48:19 2022/06/03 09:48:19 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220424-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)