上質なセダンを感じるHV、実用性には課題も ホンダ「インサイト」(Vol.561)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新型インサイトは、従来までの5ナンバーから3ナンバー車となった。運転は心地よかった
新型インサイトは、従来までの5ナンバーから3ナンバー車となった。運転は心地よかった

 ホンダを代表するハイブリッド専用車「インサイト」が、フルモデルチェンジをして3世代目となった。2世代目は、2014年にいったん販売が打ち切られているため、間をおいての再登場でもある。

 新型インサイトは、これまでの5ナンバー車から3ナンバー車として生まれ変わった。車両の大きさは、2017年7月に日本市場に再登場した「シビックセダン」にほぼ近い。シビックセダンが排気量1500ccのガソリンエンジンのみなのに対し、インサイトはそのハイブリッド車(HV)版といえなくもない。

クーペのような後ろ姿だが、4ドアセダンである
クーペのような後ろ姿だが、4ドアセダンである

 今回、ホンダはハイブリッドシステムを刷新した。2世代目までのハイブリッドシステムは「IMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)」と呼ばれるシステムで、ガソリンエンジン主体に走行し、モーターは補助的な位置づけだった。新型のシステムは、「i‐MMD(インテリジェント‐マルチ・モード・ドライブ)」と呼ばれるもので、2つのモーターと排気量1500ccのガソリンエンジンを組み合わせ、通常は電気自動車(EV)のようにモーターで走行する。そして高速走行の際には、ガソリンエンジンのみで走る。この新方式の採用により3ナンバー車と大柄になったが、燃費はJC08モードで1リットルあたり34.2キロ、国際基準の測定法による新表示「WLTCモード」で同28.4キロ(ともに、もっとも廉価なLXグレード)を実現している。

 新型の開発では、HVといえども我慢するところのない上質な4ドアセダンを目指したとのこと。いざ走らせてみると、落ち着きのある乗り心地で、静粛性にも優れる。内装の仕上がりも上質で、セダンを探している人には選択肢のひとつになると感じられた。

2つのモーターと1500ccガソリンエンジンを組み合わせたハイブリッドシステム
2つのモーターと1500ccガソリンエンジンを組み合わせたハイブリッドシステム
上級車種の趣を強めた室内。運転しやすく仕上げられている
上級車種の趣を強めた室内。運転しやすく仕上げられている

 i‐MMDは、EVやプラグインハイブリッド車(PHEV)ほどには、搭載リチウムイオンバッテリーの容量が大きくなく、運転後に間もなくエンジンが始動して発電をはじめる。その際、エンジン音は聞こえるものの、うるさいと意識させるほどではない。急加速時でも、騒々しい印象は薄い。エンジン音が快適なドライブの邪魔をしないよう、開発では心掛けたと担当者は説明する。

 高速道路を一定速度で走行する場面では、エンジン走行に切り替わる。その際も、ハイブリッド走行の際にエンジンが始動した時の音量と差があまりない。EV走行時以外は、エンジンの存在感が常にある一定の感覚で伝わってくる仕上がりだ。

 ハンドルの手ごたえは、上級セダンにふさわしく、好感が持てる。シビックセダンも手ごたえのいい上級セダンだったが、新型インサイトは、HVゆえに、乗り心地も含め、より上級さを感じる。

前席はゆったりとし、体をきちんと支え、運転に集中できる
前席はゆったりとし、体をきちんと支え、運転に集中できる
後席は、腿が浮いてしまい、腰が落ち着かない。また、騒音も大きい
後席は、腿が浮いてしまい、腰が落ち着かない。また、騒音も大きい

 一方、後席の乗り心地は、前席に比べかなり劣る。荷室と後席との間の、リアウィンドー下部に防音材などが設置されていない。このため荷室から見ると鉄板がむき出しで、後輪からの騒音や排気音がかなり耳に届く。前席と後席の騒音差は、驚くほどだ。

荷室は大きくなく、開口部も小さいので出し入れが大変そうだ
荷室は大きくなく、開口部も小さいので出し入れが大変そうだ

 それに加えて、後席の座面は低く、膝が持ち上がり、(もも)が座席から浮き気味となって落ち着かない。前席下へ爪先を差し入れるゆとりもないため足を伸ばせない。それも、ゆったりと座れない理由の一つだ。

 荷室はそれほど大きくなく、開口部も小さいため荷物の出し入れがしにくいかもしれない。

 セダンをHVでも我慢なく乗れることを目指したわりには、実用面での課題が目に付いた。

御堀 直嗣
プロフィル
御堀 直嗣( みほり・なおつぐ
 1955年、東京都生まれ。玉川大工学部卒。大学卒業後はレースでも活躍し、その後フリーのモータージャーナリストに。現在、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員等を務める。EV等にも詳しい。乗馬などを楽しむアクティブ派でもある。
無断転載禁止
422937 0 インプレッション 2019/02/05 05:20:00 2019/12/10 10:09:29 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190204-OYT8I50089-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円
NEW
参考画像
3000円無料
NEW
参考画像
店内商品1,000円以上(税込)お買上げの方に、JERSEYオリジナルグッズをプレゼント。 ※先着50名様

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ