新エンジン搭載で燃費、静粛性などが向上 フィアット「500Xクロス」(Vol.569)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

試乗したのは、上級車種「500Xクロス」。実質的に、この1車種での販売となる
試乗したのは、上級車種「500Xクロス」。実質的に、この1車種での販売となる

  イタリアのフィアットの小型SUV(スポーツ用多目的車)「500X」が日本市場にお目見えしたのは2015年で、4年ぶりに新エンジンを搭載するなどの改良が施された。

 エンジンは、排気量1300ccの新しいガソリンターボエンジンで、従来の1400ccガソリンターボエンジンより小型になったにもかかわらず、効率を高めて馬力や燃費を向上させた。一方、外観は、ヘッドライトやテールランプの造形の若干の変更程度にとどまった。

 これまでは四輪駆動車も選べたが、今回は前輪駆動車のみとなり、2種類の設定があるのだが、スタンダードは受注生産のため、実質的には上級の「500Xクロス」という1車種の販売となっている。試乗したのも、その「500Xクロス」である。

新たに採用された排気量1300ccのガソリンターボエンジンは、出力や燃費の向上だけでなく、振動・騒音などの快適性も改善された
新たに採用された排気量1300ccのガソリンターボエンジンは、出力や燃費の向上だけでなく、振動・騒音などの快適性も改善された
ヘッドライトとともに、テールランプも従来と造形が変更され、赤いランプ部分は、点灯時に上下2分割のデザインとなっている
ヘッドライトとともに、テールランプも従来と造形が変更され、赤いランプ部分は、点灯時に上下2分割のデザインとなっている

 このクルマは、米クライスラー「ジープ」の小型SUV「レネゲード」と共通する部分が多い。小柄に見えるが、車幅は1.795メートルあり、3ナンバー車となる。それでも全長は4.28メートルのため、運転した印象では、持て余すような大きさではなかった。

 新しいエンジンは、動力性能はもちろん、振動や騒音も改良されたというだけあって、走行中は室内の静かさが保たれ、前後の席での会話も不自由なくできた。

 このエンジンと組み合わされる変速機は、6速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)方式で、変速時のショックがほとんどなく、車両重量1440キロの車体を軽快に走らせた。深くアクセルペダルを踏み込むとターボエンジンらしく一段と速力を増し、元気な走りを見せつけた。改良が施された「500Xクロス」は、小気味よい走りを楽しめるクルマだと感じた。

前方および左右の見通しもよく、安心して運転できる運転席
前方および左右の見通しもよく、安心して運転できる運転席

 運転席に座ると、SUVだけに目線が高めで、見晴らしがよい。座席はレザーで、表面に張りがあって、しっかりとした座り心地で、体をよく支えてくれる。座席の寸法も十分で、疲れにくいと感じた。

 後席も十分な大きさがあり、レザーの確かな座り心地とともに、座面と床とに差があるためゆったりと足を下へおろして座ることができ、走行中の体が安定する。前席のヘッドレストが大きすぎないこともあり、目線の高さとともに後席からの見晴らしもよく、外の景色を楽しめた。

座席はレザー張りで、しっかりした作りと十分な寸法で体をよく支え、運転に集中できる
座席はレザー張りで、しっかりした作りと十分な寸法で体をよく支え、運転に集中できる
後席の作りもよく、座り心地がよい
後席の作りもよく、座り心地がよい

小型SUVなので荷室はそれほど大きくないが、小旅行程度には十分対応できそうだ
小型SUVなので荷室はそれほど大きくないが、小旅行程度には十分対応できそうだ

 小型車「フィアット500」に通じる外観の独創的な造形から、その姿が気に入り、「500X」を購入する顧客が多かったという。今回、前輪駆動車のみに絞り込んだことにより車両重量が抑えられ、軽快な走行感覚がより高まり、エンジンの改良で快適性も格段によくなって、日々利用するクルマとしての魅力も高まったといえるだろう。

 ただ、従来あった四輪駆動の必要を感じる人には、FCAグループ内の「レネゲード」を検討してはどうか、というのがFCAジャパン社の回答である。

プロフィル
御堀 直嗣( みほり・なおつぐ
 1955年、東京都生まれ。玉川大工学部卒。大学卒業後はレースでも活躍し、その後フリーのモータージャーナリストに。現在、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員等を務める。EV等にも詳しい。乗馬などを楽しむアクティブ派でもある。

無断転載禁止
600759 0 インプレッション 2019/05/28 05:20:00 2019/09/11 15:39:17 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190523-OYT8I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ