野球が教えてくれた冒険と情熱(PR)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 1941年にアメリカで誕生し、本物の自由を追求し続けてきたSUVブランド・Jeepが、今年から、野球がまだ広く普及していない世界の国々に、日本で寄付された中古のグローブやバットといった野球用具を贈る「世界の野球グローブ支援プロジェクト」(主催・読売新聞社)の協賛を始めた。

 アメリカ時代、ジープ・チェロキーを愛用していた元メジャーリーガーの岡島秀樹さんに、同プロジェクトへの協力を呼びかけてもらった。

「自由」を感じた本場・アメリカの野球

 もともとメジャーに行くつもりはありませんでした。読売ジャイアンツでプロ野球生活を終えると思っていたので。ところが、北海道日本ハムファイターズにトレードで移り、メジャー帰りの新庄(剛志)さんや、(当時の)トレイ・ヒルマン監督の話を聞いているうちに、「メジャーもおもしろいかもしれない」と思うようになりました。

 当時のファイターズは、メジャー流の野球スタイルで、とにかく明るくて楽しい。「こういう野球もあるのだな」と目を見開かされました。

 2007年に海を渡って、メジャーの初マウンドの初球、いきなり右中間スタンドに放り込まれました。もう、ショックでしたね。それまで、日本の野球では、「困ったときは、外角低めのストレート」と教わってきたわけですよ。その常識が1球で覆されたのです。それも8番の右バッターですよ。その晩は、次の対戦に備えて、寝ずに配球を考えました。日本では、そんなことしたことありません。

 メジャーで生き残っていくために、日本では投げたことのないチェンジアップを新たに習得しました。本物のメジャーリーガーになるには、そうした冒険、挑戦をし続けなくてはなりません。つねにファンに喜んでもらえるプレーをするには、情熱も必要です。

 メジャーの野球は、チームプレーであると同時に、個人競技でもあるのです。成績がすべて。結果が出ないとすぐクビになります。選手自身が責任を負うから、プレースタイルについては自由です。日本で否定的な意見もあった僕のピッチングフォーム、メジャーでは何も言われたことはありません。

Jeepとともに野球普及に一役を

 アメリカでは、ジープ・チェロキーに乗っていました。道路にぽこんと穴があいていたり、急に大雪に見舞われたりする過酷な道路状況では、走破性の高い車でとても心強かったです。

 そのJeepが今年から、「世界の野球グローブ支援プロジェクト」の協賛を始めたのは、野球人として、とてもありがたく感じます。

 いろいろな道具が必要なことが、野球が世界で普及しない一因だと思います。メジャー時代のチームメイトからも、中南米などで道具が手に入りづらいという話を聞いたことがあります。もし家に使っていないグローブやバットなどの道具があれば、ぜひ寄付をしてもらいたいです。それを手にした子供がいつかメジャーや日本球界で活躍してくれると信じています。

世界の野球グローブ支援プロジェクト

 2016年度から読売新聞社とJICAが実施している。用具がなくて野球ができない世界の子供たちにグローブやボール、バットなどを贈り、コーチを派遣。2018年度は、4902個の用具が集まり、寄贈先は世界15か国に及んだ。今年度は国内の福祉団体にも寄付を予定している。

アルゼンチン
アルゼンチン
スリランカ
スリランカ
ジンバブエ
ジンバブエ

全国のジープ正規ディーラーでも、グローブ、バット、ボールのご寄付を受け付けています。

 “本物の体験”を思いきり楽しむ人に愛され続けるJeepから、果てしない可能性を秘めた世界の子どもたちへ。全力で投げて、打って、走って、キャッチして。夢という名のボールを、自分の手でつかむ子どもたちの冒険と未来をJeepは応援しています。

 ジープ正規ディーラーはこちらから

 全国のジープ正規ディーラーで野球用具をご寄付くださった方に
 アンダーアーマーとJeepのコラボによる、世界の野球グローブ支援プロジェクト限定のラバーブレスレットをプレゼント!

 <野球用具受付期間>2019年10月31日(木)まで
 ※先着順。数に限りがございます

岡島秀樹 (おかじま・ひでき
 1975年、京都市生まれ。1993年、ドラフト3位で読売ジャイアンツに入団。先発、中継ぎ、抑え投手として活躍後、北海道日本ハムファイターズを経て、2007年、フリーエージェントで米ボストン・レッドソックスに入団。貴重な中継ぎとして同年のワールドシリーズ優勝に貢献する。16年、現役引退。現在は、野球解説者として活動中。

(Sponsored by FCAジャパン株式会社)

 モーターインフォメーションでは、自動車業界の話題をお届けします。

無断転載禁止
672887 0 モーターインフォメーション(PR) 2019/07/05 05:20:00 2019/07/05 10:44:15 2019/07/05 10:44:15 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190704-OYT8I50050-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ