軽乗用車「アルト」を一部改良、安全装備を充実

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「アルトX」ディスチャージヘッドランプ装着車。色はピュアレッド
「アルトX」ディスチャージヘッドランプ装着車。色はピュアレッド
「アルトX 4WD」の運転席
「アルトX 4WD」の運転席

 スズキは13日、軽乗用車「アルト」、同「アルトワークス」を一部改良し、発売した。前方の車両や歩行者を検知できる衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱警報機能を追加するなどして、予防安全技術を充実させた。内装色を変更し、落ち着いた室内空間にもしている。

 価格は、アルトが84万7800円~126万6840円、ワークスは150万9840円~165万5640円。

53998 0 コンパクト 2018/12/13 15:10:00 2018/12/13 15:10:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181213-OYT8I50036-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ