「マツダ3」発売、アクセラの後継車

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

記者からの質問を受けるマツダの丸本明社長
記者からの質問を受けるマツダの丸本明社長

 マツダは24日、新型コンパクトカー「マツダ3」の国内販売を開始した。同車は、「アクセラ」の後継モデルで、同一名称で世界で販売される。国内では、社名がモデル名に入った最初のモデルになる。

 都内で開かれた発表会で、マツダの丸本明社長は「SUV(スポーツ用多目的車)が人気だが、最初に買うクルマとしてのコンパクトカー需要はある」と語った。

 ハッチバックの「ファストバック」とセダンの2タイプがあり、1.5~2.0リットルの4種類のエンジンを用意。独自の燃焼方式「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」を採用した新型エンジン「SKYACTIV―X」を搭載したモデルは10月以降の販売となる予定。

 価格は218万1000円~362万1400円。

600977 0 コンパクト 2019/05/24 16:03:00 2019/05/24 16:03:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190524-OYT8I50028-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ