マツダ、中型車「アテンザ」を全面改良

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 マツダは24日、中型車「アテンザ」を全面改良し、6月21日に発売すると発表した。セダン、ワゴンの2タイプで、排気量は2.0~2.5リットル。エンジンのタイプはガソリン、ディーゼルがあり、一部のガソリンエンジンには、走行状況に応じて4気筒のうち2気筒が休止し、燃費向上を図る「気筒休止技術」を採用した。安全、静粛性なども向上させている。

 自動車各社は最近、スポーツ用多目的車(SUV)の投入が目立つが、「40歳代以上のクルマの走りにこだわる層などに売り込みを図りたい」(国内営業本部ブランド推進部)としている。価格は282万9600円~419万400円(税込み)。

23238 0 セダン 2018/05/24 12:30:00 2018/05/24 12:30:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180523-OYT8I50062-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ