2017年度の最多販売車はホンダ「N-BOX」

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会は5日、2017年度の車名別国内新車販売台数を発表した。首位は、ホンダの軽自動車「エヌボックス(N-BOX)」で、同年9月に全面改良した効果もあり、前年度比16・2%増の22万3449台だった。ホンダとしては02年度の小型車「フィット」以来、15年ぶりの首位獲得となった。

 2位は前年度首位だったトヨタ自動車のハイブリッド(HV)車「プリウス」(14万9083台)で、前年度より33%も減少した。3位がダイハツ工業の軽自動車「ムーヴ」(14万5643台)と続いた。

軽自動車の伸びが目立つ

ダイハツ「ムーヴ」
ダイハツ「ムーヴ」

 トップ10のうち、軽は7車種を占め、前年度より二つ増えた。7車種の中で、前年度より減ったのは1車種(ダイハツ「タント」)のみで、他は前年度比52~16%増と好調さが目立った。トップ10の普通車のうち、前年度より増えたのは、6位の日産自動車の小型車「ノート」のみだった。

2017年度(2017年4月~2018年3月) 車種別販売台数
メーカー車名累計
1ホンダN-BOX223,449
2トヨタプリウス ☆149,083
3ダイハツムーヴ145,643
4日産デイズ136,505
5ダイハツタント134,660
6日産ノート ☆131,119
7トヨタアクア ☆128,899
8スズキワゴンR121,224
9スズキスペーシア113,691
10ダイハツミラ104,221
☆は普通車  (日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会調べ)

15542 0 ニュース 2018/04/05 17:59:00 2019/02/07 17:04:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180405-OYT8I50011-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ