北京モーターショー開幕、目立つEV投入

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ホンダのEV試作車「理念」(ロイター)
ホンダのEV試作車「理念」(ロイター)
日産セダン「シルフィ」のEVモデル(ロイター)
日産セダン「シルフィ」のEVモデル(ロイター)
トヨタ「C―HR」EV(ロイター)
トヨタ「C―HR」EV(ロイター)
トヨタ「レビン」PHV(AP)
トヨタ「レビン」PHV(AP)

 中国最大級の自動車展示会「北京モーターショー」が25日、開幕した。2019年から中国国内で生産する自動車メーカーに対し、電気自動車(EV)などの「新エネルギー車」を一定量生産・販売することが義務づけられることから、各社とも新型EVなどの発表が相次いだ。

 ホンダは、中国市場だけで販売するEVの試作車「理念」を展示した。年内にも販売を開始する。エンジンで発電してモーターで走るハイブリッド車(HV)も、新型「アコードHV」、高級ブランド「アキュラ」の「CDX HV」などを発表した。

 日産自動車は、セダン「シルフィ」のEVモデルを世界初公開した。トヨタ自動車も、

主要セダン「カローラ」や「レビン」のプラグインハイブリッド車(PHV)を19年から現地生産するほか、スポーツ用多目的車(SUV)「C―HR」をベースとしたEVを20年から中国で販売する。また、高級ブランド「レクサス」からは、新型「ES」を発表。中国を世界初公開の場として選んだことで、中国市場を重視する姿勢を打ち出した。

 一般公開は29日~5月4日で、期間中に前回(2016年)入場者数(約80万人)並みの来場者を見込んでいる。中国の大規模モーターショーは、北京、上海で隔年ごとに開催されている。



こちら
18327 0 ニュース 2018/04/26 15:49:00 2018/04/26 15:49:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180426-OYT8I50025-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ