キャンピングカーの展示会 幕張で開幕

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

カートラジャパン2018会場の様子
カートラジャパン2018会場の様子
トヨタ自動車のハイエースをベースにした車両。内部にはエアコンなども完備。リチウム蓄電池で連続13時間の稼働が可能
トヨタ自動車のハイエースをベースにした車両。内部にはエアコンなども完備。リチウム蓄電池で連続13時間の稼働が可能
浮揚式津波洪水対策用シェルターの内部
浮揚式津波洪水対策用シェルターの内部
新商品のeスケート「セグウェイドリフトW1」
新商品のeスケート「セグウェイドリフトW1」

 キャンピングカーなどの展示会「カートラジャパン2018」が28日、千葉市の幕張メッセで開幕した。軽自動車から大型のトレーラーハウスまで約130台が展示されている。キャンピングカーのほか、ペット商品、旅先で使うe-バイクなどのモビリティーやドローンの操縦体験なども楽しむことができる。

 また、津波などに対応した防災車両も展示されている。浮揚式津波洪水対策用シェルターは、洪水時には水に浮かんで救助を待つ。食料などを積み込むスペースもあり、数日間は耐えられる。老人ホームなど素早く避難できない施設で購入する例があり、価格は20人乗りで約650万円という。

 展示会は30日まで。入場料は高校生以上1000円など。

セグウェイの新商品も紹介

 セグウェイの新商品、eスケート「セグウェイドリフトW1」、セグウェイ「miniPro」と組み合わせるとゴーカートになるキット「Ninebot Gokart kit」も紹介されている。eスケートは、前後の体重移動などで操作するもので、ローラースケートに似ている。価格は5万5000円(税抜き)。ゴーカートキットは、車のトランクに積めるサイズで、最低130センチの身長があれば乗ることができるため、子どもも楽しむことができる。ただ、公道では使用できない。

無断転載禁止
42625 0 ニュース 2018/09/28 16:40:00 2018/09/28 16:40:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180928-OYT8I50037-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ