<速報> ファッションデザイナーの芦田淳さんが死去…88歳
    文字サイズ
    自動車業にまつわる最新ニュースをお届けします。

    目立つ電動化…パリモーターショー開幕

    • ルノーの小型EV「K-ZE」を紹介するカルロス・ゴーン氏(ロイター)
      ルノーの小型EV「K-ZE」を紹介するカルロス・ゴーン氏(ロイター)

     世界有数の自動車展示会「パリモーターショー」が4日、開幕した。欧州各国で自動車の環境規制が強まる中、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)など電動車中心の展示が目立った。

     トヨタ自動車の「カローラ」、ホンダのスポーツ用多目的車(SUV)「CR-V」はともにHVを展示。フランスのルノーも、日産自動車会長でルノー最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゴーン氏が登場し、小型EV「K-ZE」を紹介した。1回の充電で250キロの走行が可能で、2019年から中国で発売するという。

     トヨタの高級車ブランド「レクサス」は、一部改良したスポーツクーペ「RC」を世界初公開した。日本では10月下旬に発売予定。

     部品メーカーも電動化シフトが進んでいる。トヨタ系のアイシン精機は、グループ各社と共同で電動化に対応した商品を紹介した。


     パリモーターショー2018の写真特集

    2018年10月09日 16時54分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    週刊@CARS投稿