読売新聞オンライン

メニュー

ホンダ、八郷社長が喜びのコメント…F1優勝

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

写真は、ともにホンダ提供
写真は、ともにホンダ提供

 ホンダは1日、自動車のF1シリーズ第9戦、オーストリア・グランプリ(GP)での優勝を受けて、八郷隆弘社長のコメントを発表した。

 冒頭、「ついにF1での優勝を果たすことができました。2015年の復帰以降の道のりを考えると、大変感慨深く、また心からの喜びを感じています」という言葉で始まり、「ホンダにとってF1は創業者の夢であり、大切なDNAの一つです」と同社におけるF1優勝の意義を強調。「今日の勝利を第一歩として、最終目標であるシリーズチャンピオンを目指し、私たちはさらに一丸となってチャレンジを続けていきます」と、今後の活躍を期待してほしいという言葉で締めくくった。

 オーストリアGPでは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が優勝。ホンダにとっては、F1通算73勝目。単独チームで勝った2006年ハンガリーGP以来、13年ぶりの優勝となった。

無断転載・複製を禁じます
666469 0 トピックス 2019/07/01 18:29:00 2020/02/25 15:23:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190701-OYT8I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)