モーターショー会場訪問(8)スズキ、ダイハツ(動画あり)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ワクワク感、遊びゴコロなどをイメージ

家族ひとりひとりに合わせてクルマが変化する「WAKUスポ」
家族ひとりひとりに合わせてクルマが変化する「WAKUスポ」
家の「離れ」をイメージした「HANARE」
家の「離れ」をイメージした「HANARE」
アウトドアを楽しむ「WakuWaku」
アウトドアを楽しむ「WakuWaku」
次世代軽トラック「TsumuTsumu」
次世代軽トラック「TsumuTsumu」

 スズキ、ダイハツはともにワクワク感、遊びゴコロなどをイメージした展示になっている。

 スズキの「WAKUスポ(ワクスポ)」は、日常使いでも休日の趣味でも使えるデザインで、車体形状、フロントマスク、インテリア表示コンテンツを切り替えるワクワクスイッチを搭載。家族ひとりひとりに合わせてクルマが変化するという。一方の「HANARE(ハナレ)」は、家の「離れ」をイメージした。自動運転により、クルマの移動時間を各人が楽しむことを表現している。

 ダイハツの「IcoIco(イコイコ)」は、細い道でも走行可能な車両サイズで、自動運転により、クルマを使うほどではない距離の移動を楽にしてくれるパブリックトランスポーターという。「TsumuTsumu(ツムツム)」は、多用途に対応する次世代軽トラック、「WakuWaku(ワクワク)」が様々な荷物が積めて、アウトドアを楽しむ軽自動車のSUV(スポーツ用多目的車)になっている。

 軽自動車も最近は大きくなり、小型車との境が曖昧になりつつある。遊びゴコロを刺激するということは、個人で使われる機会を増やそうということだ。小型車は家族で使う日常使い、パーソナルユースは軽自動車でというメッセージなのだろう。

無断転載・複製を禁じます
864181 0 東京モーターショー2019 2019/10/26 06:00:00 2020/02/25 15:26:15 2020/02/25 15:26:15 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191025-OYT8I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ