『海防僧 月性 明治維新を展いた男』 秋田博著

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 幕末から明治に向け、新しい時代を切り開こうと奔走した長州の人々には、志半ばで病などに倒れたものが多い。短いゆえに、彼らの生は美しい輝きを放つ。

 瀬戸内沿いの山口県柳井市遠崎に生まれた僧、月性(1817~58年)もその一人だ。寺の境内に学塾を開き、村の青年を指導する傍ら、沿岸に来る異国船対策や国防の大切さにいち早く気づき、全国を遊説した。

郷党 春深くして 俊髦しゅんぼう育つ

門に満つ桃李 方袍に映ず

 この漢詩は、学塾の塾生との様子を詠んだものだ。月性は詩を愛した。風雅を愛するからこそ、その源である自分たちの暮らしを守るため国を憂えた。短い生をたどる労作から、真っすぐな相貌そうぼうが浮かび上がる。(人文書館、3000円)(待)

24558 0 記者が選ぶ 2018/06/13 05:20:00 2019/01/16 10:17:15 2019/01/16 10:17:15 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180604-OYT8I50056-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ