『画家たちの昭和』 中野淳著

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨年3月に死去した画家の著者には、戦中から戦後まもない頃の洋画界を回想した『青い絵具の匂い 松本竣介と私』(中公文庫)という著作がある。その続編に当たる遺稿と、雑誌などに発表した文章を収めた。

 若き日に兄事した松本竣介をはじめ、麻生三郎、岡鹿之助など数多くの画家、彫刻家らの言葉や表情が印象深く描かれる。それは前著と同じく、そのまま美術史の貴重な証言となった。

 絵画投機ブームなど時代の波に翻弄ほんろうされた画家もいた中、下町の運河風景や家族像を黙々と描き、50歳を過ぎてから武蔵野美大で教えた。画業を語る謙虚で飾らない言葉は、アルチザン(職人)であることに徹し続けた著者らしい。個展会場でお会いした時の温顔が、つい昨日のことのように思い出される。(中央公論新社、3000円)(高)

25690 0 記者が選ぶ 2018/06/20 05:25:00 2019/01/16 10:45:06 2019/01/16 10:45:06 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180611-OYT8I50028-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ