『ファシスト的公共性』 佐藤卓己著

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ぎょっとするタイトルはポピュリズムへの警鐘である。プロパガンダ研究の泰斗である著者は、第2次大戦における日独の総力戦体制と戦後の変容を、歴史家の視点から比較検証し、ラジオなどのメディアを通じた情報操作が、市民の「参加」と「共感」を軸に、ファシズムを出現させた過程を明らかにする。

 本書は、過去25年間に発表された論文を改稿集成したものだが、今日の「ポスト真実トゥルース」を巡る議論を先取りしている。フェイク・ニュースが人々の政治行動を左右する状況は、既に戦前の日本にもあった。

 ファシズム的寡頭政治の再来を防ぐには、「情報を集めることより、俗ウケを狙った不正確な情報を取り除く作業こそが重要になる」。教育的で未来志向の歴史学が提唱されている。(岩波書店、2600円)(良)

30725 0 記者が選ぶ 2018/07/11 05:25:00 2018/07/11 05:25:00 2018/07/11 05:25:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180705-OYT8I50054-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ