『逃げられない世代―日本型「先送り」システムの限界』 宇佐美典也著

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 元官僚の著者が、日本を取り巻く危機の本質を解説する。ひたすら脅すだけではないのがよい。

 本書は、日本の与野党政治家や官僚が、社会保障などの長期的な課題を、懸命に「先送り」にしていると説く。なぜなら、そうしなければ社会は今すぐにも崩壊してしまうから。ただ、それも団塊ジュニア世代が高齢者になる2030年代半ば以降、限界が訪れる。つまり、現在20代から30代の世代が「逃げられない世代」なのだ。

 ただ、国家の分断や消滅の恐れがあった近代以降の歴史に比べれば、現在の危機は「ずっと軽い問題」。著者は世代間対立をあおることなく、自由貿易体制など日本が守るべき大切なものを示しながら、解決の方法を模索するよう呼びかける。(新潮新書、800円)(佑)

33637 0 記者が選ぶ 2018/08/01 05:25:00 2018/08/01 05:25:00 2018/08/01 05:25:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180723-OYT8I50092-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ