『昭南島・シンガポール』 安島太佳由著

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「日本の戦争」がライフワークのカメラマンが、自らの原点と位置づけるシンガポールを撮った写真集。

 日本が侵略し、昭南島と呼んだ過去もあるシンガポール。ろう人形を備えたイギリス軍の要塞ようさい跡など、複数の戦争資料館がある。本書では、資料館で撮影した写真を多く掲載し、この島の戦争の歴史を浮き彫りにする。また、著者がかつて滞在していた1980年代初めの混沌こんとんとしたチャイナタウンや、装いを替えたかのような現在の様子を写したものもある。

 現在の繁栄したイメージとは違う、意外な側面に気づかせてくれる写真の数々。島の変貌へんぼうぶりを体感し、目を奪われていると、訪れたくなってくる。写真の力を想起させる。(安島写真事務所、http://www.yasujima-takayoshi.comで購入可能。1852円)(佑)

37688 0 記者が選ぶ 2018/08/29 05:25:00 2018/08/29 05:25:00 2018/08/29 05:25:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180820-OYT8I50057-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ