『死せる菩提樹』 梅津時比古著

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 名曲は往々にして誤解される。シューベルトの歌曲「菩提樹ぼだいじゅ」もそう。さすらいの旅を続ける若者が、菩提樹の下で一時、甘い夢に浸る――そんな通俗的解釈に、著者は異を唱える。樹がささやく安らぎは、実は死へのいざないなのだ。

 「菩提樹」を含む連作歌曲集「冬の旅」の楽曲と歌詞を丹念に読み解くと、さすらう若者がアウトローとして社会から拒絶され、幻想や救いから見放されていく過程が浮かび上がる。

 本書によれば、シューベルト晩年の荒涼とした心象風景は、あらゆる救済を否定したニーチェのニヒリズムを先取りしているという。では、旅の最後に若者が出会う「つじ音楽師」は何者なのか。著者の見立ては興味深い。「菩提樹」の代表的録音を解説した巻末のガイドは役に立つ。(春秋社、2000円)(良)

37780 0 記者が選ぶ 2018/08/29 05:20:00 2018/08/29 05:20:00 2018/08/29 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180823-OYT8I50015-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ