『フラジャイル・コンセプト』 青木淳著

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 青森県立美術館や杉並区大宮前体育館、ルイ・ヴィトンの商業施設などを手がける建築家、青木淳さんの10年ぶりの単著。

 青木さんは、ガッチリとしたマッチョな建築に対し、自身が目指すしなやかに力を受け流す建築のイメージを「ぼよよん」という擬態語で表現してきた。本書では、論をさらに発展させ、何かモノゴトを始める時、明確なコンセプト(基本理念)は前もってあるのではなく、おぼろげなまま試行錯誤していって、事後的に見つかるものではないか、と問題提起する。

 一意的な解しか許容されない社会は、窮屈で息苦しい――。青木さんは具体的な建築の批評を通して、実は寛容性を欠く傾向にある昨今の世の中を憂え、柔軟性と多様性が重要であると説いているのだ。(NTT出版、2600円)(睦)

38393 0 記者が選ぶ 2018/09/05 05:20:00 2018/09/05 05:20:00 2018/09/05 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180827-OYT8I50068-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ